10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月16日の日経225先物予想レンジとコメント

2012.11.16 08:17|未分類
<11月16日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,810円~8,910円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,860円

  • 225先物CME終値  = 8,875円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 81.00円~81.40円





  • <11月16日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     ウォルマートの予想利益見通し下振れと、ユーロ圏の景気後退、ハリケーンの後遺症等、良い材料に恵まれず続落、NYダウは28ドル安の12,542ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値比+25円の8,700円、寄り後も買い戻しが続き8,780円まで上昇したが、上海市場の下落スタートを機に売り優勢となり上げ幅を縮小したが、昼過ぎの自民党安部総裁発言を機とした円安進行を背景に外資系の大口の断続的な買いが入り8,830円まで上昇、引値はCME終値比+145円の8,820円

    ☆今日の予想 

    ① リスクオフ(財政の崖・EUリセッション・ギリシャ危機)の環境下での円売りは初めてのケースであり、「円のリスクオフ時の受け皿的役割が後退」が顕著となっていることから、円安トレンド定着の可能性が高まる

    ② 225構成の主要企業にとって、円安は海外景気失速による売上げ減少の補填面と利益率の改善面で大きなメリットとなる

    ③ 米国のマインド系(アンケート調査)経済指標は「財政の崖」の心理的影響が反映し、下振れの可能性が高まる

    ④ 海外の市場環境は陰の極だが、円安を背景とした国内の市場環境は半信半疑ながらプラスに傾き始めている

    ★ 今日は、外資系投機筋による為替連動の仕掛けが入る可能性もあるが、週末でもあり円安傾向も一服の可能性が高く、結果的には横ばいの展開を予想


     <今日の先物引値は、CME終値比マイナスを予想>
     


    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめ【11月16日の日経225先】

    <11月16日の予想レンジ> 225先物日中取引の予想レンジ = 8,810円〜8,910円 225先物日中取引の終値
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。