10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月19日の日経225先物予想レンジとコメント

2012.11.19 08:02|未分類
<11月19日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 9030~9,130円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 9,070円

  • 225先物CME終値  = 9,090円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 81.20円~81.50円





  • <11月19日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     オバマと共和党下院議長との協議でクリスマス迄に「財政の崖」を回避出来る努力をする事への合意を背景に反発し、NYダウは45ドル高の12,588ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値比+25円の8,900円、ドル円やアジア市場下落にもかかわらず想定外の底堅さに、売りポジションサイドの買戻しと仕組み債解消の買いを背景に、買先導型のディーリングによる300枚ロットの断続的な買いが加わり9,040円まで上昇、引値はCME終値比+135円の9,010円

    ☆今日の予想 

    ① 日足ベースのテクニカルは買シグナルに転換

    ② 財政の崖リスクは先週末多少緩和(共和党が回避姿勢表明)

    ③ 中国共産党新指導部は保守的傾向で日中関係改善期待は薄い

    ★ 月曜日特有のフロー減少と戻り売りによる騰勢一服で、今日の寄付き後は弱含みないし横ばいの展開を予想するが、短期筋が仕掛ける可能性もあり午後はボラが高くなる可能性もある


     <今日の先物引値は、CME終値比マイナスを予想>
     


    スポンサーサイト

    11月16日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.11.16 08:17|未分類
    <11月16日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,810円~8,910円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,860円

  • 225先物CME終値  = 8,875円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 81.00円~81.40円





  • <11月16日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     ウォルマートの予想利益見通し下振れと、ユーロ圏の景気後退、ハリケーンの後遺症等、良い材料に恵まれず続落、NYダウは28ドル安の12,542ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値比+25円の8,700円、寄り後も買い戻しが続き8,780円まで上昇したが、上海市場の下落スタートを機に売り優勢となり上げ幅を縮小したが、昼過ぎの自民党安部総裁発言を機とした円安進行を背景に外資系の大口の断続的な買いが入り8,830円まで上昇、引値はCME終値比+145円の8,820円

    ☆今日の予想 

    ① リスクオフ(財政の崖・EUリセッション・ギリシャ危機)の環境下での円売りは初めてのケースであり、「円のリスクオフ時の受け皿的役割が後退」が顕著となっていることから、円安トレンド定着の可能性が高まる

    ② 225構成の主要企業にとって、円安は海外景気失速による売上げ減少の補填面と利益率の改善面で大きなメリットとなる

    ③ 米国のマインド系(アンケート調査)経済指標は「財政の崖」の心理的影響が反映し、下振れの可能性が高まる

    ④ 海外の市場環境は陰の極だが、円安を背景とした国内の市場環境は半信半疑ながらプラスに傾き始めている

    ★ 今日は、外資系投機筋による為替連動の仕掛けが入る可能性もあるが、週末でもあり円安傾向も一服の可能性が高く、結果的には横ばいの展開を予想


     <今日の先物引値は、CME終値比マイナスを予想>
     


    11月15日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.11.15 08:10|未分類
    <11月15日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,620円~8,740円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,690円

  • 225先物CME終値  = 8,675円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 80.00円~80.30円





  • <11月15日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     堅調なスタートだったが、オバマ発言により「財政の崖」懸念が増幅し大幅下落、NYダウは185ドル安の12,570㌦




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値比+15円の8,670円、寄り後は上下2ティックの動きで超閉散取引が続き、引値はCME終値比-40円の8,670円

    ☆今日の予想 

    ① 「解散総選挙⇒自民党勝利⇒金融、財政政策の協力推進⇒株高、円安」期待で円安が進行、夜間取引高値は8,790円

    ② NY市場は「財政の崖」リスクの織り込みと「証券関係税の増税」対策の売りが加速しているが、自律反発が期待出来る水準に近づきつつある

    ★ 「米株安」のマイナス要因を「円安傾向」のプラス要因が支える構図だが、自律反発期待もあり堅調な展開を予想


     <今日の先物引値は、CME終値比プラスを予想>
     


    11月14日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.11.14 08:04|未分類
    <11月14日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,590円~8,690円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,630円

  • 225先物CME終値  = 8,665円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 79.20円~79.50円





  • <11月14日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     個別的にはホームデコが好決算でプラス寄与、マイクとソフトが人事情報でマイナス寄与となったが、総合的にはファンドの売り圧力が強く昨日に続き引け前から下落、NYダウは59ドル安の12,756ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     CME終値比+10円の8,720円で寄付き暫くは堅調だったが、短期筋のユーロ売りをキッカケに円高が進行、上海市場、米株先物も連鎖安となり、300枚~500枚ロットの大口を交えた断続的な売りで8,620円まで下落したが、14時過ぎは小口の押し目買いで少し戻し、引値はCME終値比-40円の8,670円

    ☆今日の予想 

    ① ギリシャ支援はドイツとIMFの攻防に移り、次の節は20日の会合に持ち越し

    ② 現物市場では国内景気悪化を背景に内需株に売り圧力

    ③ 昨日はファンド系の大口売りが散見された反面、個人に押し目買いの動きが見られた

    ④ NY市場では「センチメント低下によるファンダメンタルズ悪化の連鎖」が気になり始める

    ★ 昨日の短期筋による為替変動は収まったものと考えられ、今日は若干の反発が期待されるが、反発局面では大口の売りも出易く、結果的には続落を予想


     <今日の先物引値は、CME終値比マイナスを予想>
     



    11月13日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.11.13 08:04|未分類
    <11月13日の予想レンジ>



  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,660円~8,750円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,710円

  • 225先物CME終値  = 8,710円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 79.30円~79.60円




  • [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     CME終値比-30円の8,720円での寄付き後は、上海市場とドル円は堅調だったが動意乏しく薄商いのなか終始軟調な展開、TOPIXに引け前の大和の大口売りが入りN/T倍率が拡大、引値はTCME終値比-60円の8,690円

    ☆今日の予想 

    ① ギリシャ支援は予想通りトロイカ内の調整が難航

    ② 外資系短期筋は様子見で休業状態を続ける可能性が高いが、ヘッジファンドの突然の大口売りには注意が必要

    ③ 日米ともVIX指数動向から判断すると投資家は更なる大幅下落を予測していない⇒日柄調整が長引く可能性が高い

    ★ 今日も昨日に引続き、方向感が出ないなか小口の売りに押される展開が想定されるが、為替の底堅さから結果的には横ばいを予想


     <今日の先物引値は、CME終値比変わらずを予想>
     


    11月12日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.11.12 07:40|未分類
    <11月12日の予想レンジ>



  • 225先物日中取引の予想レンジ = 8,680円~8,790円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 8,730円

  • 225先物CME終値  = 8,750円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 79.30円~79.60円



  • [日経225先物市場]

    ☆前日の概況 

     CME終値比-20円の8,740円で寄付き、SQ値が8,745円で決まった後は、時折500枚程度の大口売買を交えながらも、緩やかな円安傾向とNY株式先物上昇を背景に8,750~8,760円の膠着状態が続いた、引値はCME終値と同値の8,760円

    ☆今日の予想 

    ① ギリシャの予算案が否決(可能性薄い)された場合は、要注意

    ② センチメントは低いままながらも落ち着く可能性が高い

    ③ ヘッジファンドの解約に備えた売りと自律反発狙いの買いとの鬩ぎ合いになる可能性が高い

    ★ 今日は、需給面とテクニカル面での売り圧力を、為替の底堅さが買い支える展開が想定されるが、結果的には若干の下落を予想


     <今日の先物引値は、CME終値比マイナスを予想>
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。