09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転!!!

2013.04.03 09:47|未分類
移転しました


クリック⇒日経225先物トレード



スポンサーサイト

2月7日の日経225先物予想レンジとコメント

2012.12.07 08:02|未分類
<12月6日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 9,470円~9,570円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 9,540円

  • 225先物CME終値  = 9,540円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 82.30円~82.50円





  • <12月6日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     「財政の崖」協議進展期待とアップルの反発等に支えられ続伸、NYダウは39ドル高の13,074ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     CME終値比+20円の9,530円で寄付き、一時9,560円を見た後、9時38分の3200枚の期先ロール絡みのクロス(Nエッジ売・三菱、アムロ買)を交えたポジション調整の影響で9,500円まで下落したが、200枚~500枚の断続的な買いで切り返し暫くは9,540円±1ティックの攻防を続け、引け前から400枚ロットの断続的な買い仕掛けで分厚い売り板を崩し一時9,570円まで上昇、引値はCME終値比+30円の9,540円

    ☆今日の予想 

    ① 買い筆頭のNエッジと売り筆頭の三菱とアムロが市場で3000枚枚近いクロス(Nエッジは12月売3月買・アムロは12月買3月売)(三菱はロールではなく買戻し)

    ② 来週のSQを意識したポジション調整(ロールオーバー取引)が本格化(Nエッジの買いポジションは3月限月にロール)

    ③ 現物市場での外人買いは拡大傾向(第4週は1743億円の買越し)

    ④ 今夜の米雇用統計は、直近予想が8万人程度に低下している為、10万人超の結果となれば多少のプラス要因(ハリケーンの影響度に不透明感あり可能性は半々)

    ★ 今日は、米雇用統計を控えた週末と云うこともあり、為替ともども仕掛け辛い環境で、横ばいの展開を予想

     <今日の先物引値は、CME終値比変わらずを予想>
     


    12月6日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.12.06 08:05|未分類

    <12月6日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 9,450円~9,590円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 9,550円

  • 225先物CME終値  = 9,510円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 82.30円~82.75円





  • <12月6日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     「財政の崖」協議進展の兆し(共和党議員富裕層増税許容)で反発、経済指標はマチマチながら概ね堅調、NYダウは82ドル高の13,034ドル(アップル下落でナスダックは-22)




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     (想定外の上海急反発と円安進行で反発)CME終値比-15円で寄付き、200枚から500枚程度の断続的な買い支えで下げ渋り、上海市場の急反発と北朝鮮ミサイル設置報道と日銀副総裁発言を背景に投機筋が円売り仕掛け、ドル円の急落を背景にした300枚~500枚ロットの買い仕掛けで9,530円まで上昇したが、買い物が途切れたところ300枚~500枚ロットの断続的な売り圧力で上げ幅は縮小、引値はCME終値比+75円の9,480円

    ☆今日の予想 

    ① 投機筋による円売り復活で、ドル円の83円台が視野に入る

    ② ドル円反発で、短期調整終了の可能性高まる

    ③ 前日は、Nエッジ以外の外資系ブローカーによる買いで上昇

    ④ 裁定買残2.2兆円に積み上がり(買残上位)みずほ・ドイツ・三菱・モルガンS・野村⇒SQ前のポジション調整に注意

    ⑤ 「財政の崖」問題は、「崖」を「坂」にして決着?(税制年内決着・歳出削減策年越し)

    ★ 今日は、ロール取引を意識しながら上値を試す展開を予想

     <今日の先物引値は、CME終値比プラスを予想>
     


    12月5日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.12.05 08:30|未分類
    <12月5日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 9,350円~9,450円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 9,410円

  • 225先物CME終値  = 9,405円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 81.70円~82.10円





  • <12月5日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     「財政の崖」協議に進展も無く方向感のない展開、NYダウは13ドル安の12,951ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値と同値の9,440円、寄付直後は200枚~500枚ロットの売りで9,400円まで押したが、売り圧力はすぐ解消し200枚~500枚ロットの買いで戻り、ドル円は弱含みの展開ながらもその後は、時折500枚ロットの売買攻防を交えながら寄り値近辺での小競り合いに終始、引値はCME終値比-10円の9,430円

    ☆今日の予想 

    ① 膠着状態が続くことで、外資系の買いポジションブローカー(Nエッジ・Cスイス)が方向転換するリスクが高まりつつある

    ② 来週はメジャーSQを控えていることで、各ブローカーのポジション調整により上下何れかに大きく傾く可能性が高まる

    ★ 今日は、9,400円を中心にした強弱感の攻防が想定されるが、売り圧力が拡大した場合でも外資系短期筋が5日線キープの買い支えをする可能性が高く、結果的には弱含みの横ばいを予想

     <今日の先物引値は、CME終値比変わらずを予想>
     


    12月4日の日経225先物予想レンジとコメント

    2012.12.04 08:03|未分類
    <12月4日の予想レンジ>




  • 225先物日中取引の予想レンジ = 9,390円~9,490円 

  • 225先物日中取引の終値予想 = 9,450円

  • 225先物CME終値  = 9,440円

  • 東京市場のドル/円予想レンジ = 82.00円~82.40円





  • <12月4日のコメント>


    [NY株式市場]


    ☆前日の概況 

     応酬危機改善(ギリシャ・スペイン)と中国の堅調な経済指標を受け上昇して始ったが、国内経済指標悪化(ISMの50割れ)を受け下落、NYダウは59ドル安の12,965ドル




    [日経225先物市場]

    ☆前日の概況

     寄付値はCME終値比-5円の9,490円、寄付後は買いもの薄のなか小口の売りで9,460円まで下押し、10時過ぎからは断続的な大口の買いが入り反発、10時半過ぎには中国PMI改善を受けた1500枚のまとまった買いで9,530円まで上昇、その後は9,500円を挟む1ティック内での100枚から300枚ロットの売買攻防が続いたが、2時半過ぎにドル円の軟化(82.30円割れ)を機に500枚ロットの売りを含む断続的な売りで9,450円まで下落、引値はCME終値比-35円の9,460円

    ☆今日の予想 

    ① 内外の大手ブローカーは、9,400円~9,500円レンジ内での日替わり短期売買が顕著⇒基本スタンスは残しながらも強弱感の交錯により「売り方・買い方」とも小競り合いの状態⇒暫くは日柄整理の可能性高まる

    ② ユーロ円は欧州危機後退と景況感底入れを背景に目先堅調と考えられるが、ドル円は米雇用統計まで揉み合いの展開が予想される

    ★ 今日は、CME終値の9440円を中心にしたディーリング主体の展開で結果的には横ばいを予想

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。